ページトップへ

いわくら秋フェスの様子 | 採用情報 | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

病院行事&福利厚生

いわくら秋フェスの様子

秋フェスというのは、いわくら病院が毎年開催している、年に1度のおまつりです。
以前は真夏に「夏まつり」を開催していましたが、猛暑を避けるため開催時期を秋にずらして開催しています。病院の患者様だけでなく、地域の方々も毎年楽しみにされていて、大勢の方にご来場いただいています。

 過去の秋フェスの様子を少しだけお届けしたいと思います。

 

 

毎年、トップバッターを飾ってくれるのは、デイケアバンド「サンライズ」のみなさんです。

デイケアではメンバーさんたちが、さまざまな企画や準備、片付けに至るまでスタッフと一緒に取り組み、毎年元気な歌声を聞かせてくれます。当院のおまつりだけでなく、地域で開催されるイベントやフェアなどにもバンド出演されたりしています。


 

 

つづいては、同志社大学のジャグリングサークルのみなさんです。

同志社大生さんの大道芸&手品

 

 次々と飛び出すパフォーマンスに、会場からは大きな歓声が上がっていました。

 

つづいて、京都大学アカペラサークル「栞」のみなさん。
メンバーの息が見事に合った、うっとりするようなハーモニーを聞かせてくれました。

また衣装もさりげなく、秋色のコーディネイトでフェスを盛り上げてくれました。 

 

 

そして、地元岩倉の洛北中学ブラスバンド部のみなさんです。
応援部員も含め60人以上でご参加いただきました。本当にありがとうございます。
とても元気な演奏に、会場全体が元気をいただきました。

 

 

つづいては、当院の医師を中心に結成されたユニット「馬場カルテット」の登場です。

素晴らしい演奏と美しい歌声に、会場全体が酔いしれていました。

 

馬場カルテットの演奏は、以下のリンクをクリックすると動画を見ることができます。
会場でライブを見られた方も、ライブを見られなかった方も、是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

そして、フィナーレを飾るのは新人ステージです。
毎年、秋フェスでは、その年に入職したスタッフが職種関係なくチームを組んで、出し物の企画を考え、一生懸命練習した成果を披露してくれます。医師も看護師もみんなで一つになって、チームワーク抜群で会場を楽しませてくれます。

 

 

 

ステージでの出し物以外に、会場の方では屋台やイベントが盛りだくさんで、大にぎわいの秋フェスです。地元岩倉地域の方にもたくさんご来場いただきました。

 

 



 

地域の作業所のみなさんや、当院の売店を運営しているワタキューの職員さんたちにも屋台を出店していただいています。

和小物「ゆりかもめ」さん



 小物雑貨「プティパ」さん



 手作り小物「サリュ」さん

 

当院の就労支援B型施設「いきいき・いわくら」のガラス細工

 

 クッキー&コーヒー「ジョイント・ほっと」さん

 

コーヒー、木工、革細工の「あゆみ舎」さん。

 

 

 手作りワークショップを提供してくれた「ぴかぴか企画」さん

 

 そして、「精華大学」のみなさんによる大人気の似顔絵コーナー。

毎年、お昼休憩が取れないほどの人気で行列ができるほどです。



 

皆さん本当にありがとうございました!

2020年度は新型コロナウイルスのため開催中止となりましたが、またいつか開催できるよう、スタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います。

病院行事&福利厚生