ページトップへ

看護部長よりごあいさつ | 採用情報 | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

看護部長室から

看護部長よりごあいさつ

 

 ホームページをご覧になっていただきありがとうございます。

 前景を見渡すと雄大な比叡山がそびえ、精神科医療と深い関わりのある岩倉の地にいわくら病院はあります。私はこの地で「その人の本来持っている力」を、信じて提供される看護を実践しています。

 社会から見て入院治療の環境は、強固な閉鎖性、密室性が問題視されています。私はいわくら病院で初めて体験した日の衝撃を今でも忘れません。それは入院されている方が普通に外を歩き、近くに登園する子供たちと交わされる挨拶。退院後の利用者が病棟に上がり、看護師と穏やかに雑談する光景でした。

 当院が「その人の本来持っている力」を信じながら、地域の中で育まれてきた開放医療そのものだと思えました。

 それは利用者、私たち、すべての人に共通している強みだと思います。一方で、変化の激しい時代、人間関係に苦しみ、人と触れ合うことを恐れ、心の病に罹られる方が増加しています。この生きにくい時代、入院されている方々、来院される方々に少しでもその思いを教えていただくこと。利用者の表情、視線、身体から発せられるメッセージを見失わないように寄り添わせていただくことです。提供される看護は必ずその過程にあると思います。

 これからも個々の多様性とそれぞれのもつ複雑な価値観を認め合いながら、「その人の本来持っている力」を大切にしていきます。

いわくら病院 看護部長 武田 慎太郎

 

看護部のページトップへ

 

 

 

看護部長室から