ページトップへ

南館案内 | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

施設案内

施設案内

南館案内

 

南館 1F

1病棟(合併症病棟)

    生活の質を高めるケア

長期の療養を必要とし、身体的疾患を合併する方を対象とする病棟です。

身体的な合併症に対して、内科的な治療を行える医療体制を整備しています。

高齢化を予防しADLを維持するため、理学療法士や作業療法士と連携しながらリハビリテーションを提供します。

さまざまなレクリエーションを取り入れ、癒しとうるおいを提供します。

明るい笑顔を心がけあたたかいケアを提供します。

 

 

 

1病棟(合併症病棟)

  

     

 

作業療法室
その人らしい生活をめざして

リハビリテーションの一つで、障害のある方が具体的・現実的な作業活動を利用し、その方らしい生活が送れるように治療・援助を行っています。いわくら病院では3種類のOTを実施しています。

個人OT:個々の活動を中心に、畑づくり・陶芸・カラオケ・散歩などのサブグループを並行して行う。

サークル活動:絵画・華道・俳句といったグループがあり、講師を招いて行う。

病棟毎のグループ活動:歌・ゲーム・創作活動などを通して季節を感じられるような取り組みをする。

※ 必ずしも何かしなくてはならないということではなく、参加する方の目的、状況に合わせて活動を提供しています。

    
am9:00〜
  11:30
pm13:30〜
  15:30
個人OT
<歩こう会>
月曜グループ
5病棟 OT
6病棟 OT
個人OT
<園芸>
OTサポート
火曜グループ
1病棟
OT
個人OT
<カラオケ>
第1&3
水曜グループ
<絵画>
第2
<華道>
第4
個人OT
OTサポート
木曜グループ
2病棟 OT
レモンの木病棟 OT
個人OT
<園芸>
金曜グループ
なつメロの会
個人OT
<陶芸>
お休み

 

※ 毎朝、9時半からリラクゼーション体操、朝の会を行っています。
    水曜・金曜グループは、OT処方のある方どなたでも、参加することができます。

 


リハビリテーション棟

 

私たちがサポートします Iwakura's staff

リハビリテーション棟 勤務
児玉 聡子 (作業療法士 係長)

「人を癒したいと思って就いた仕事だけれど、自分が癒されていたんだなあって、最近気づきました。」

 

リハビリテーション棟 勤務 児玉 聡子 (作業療法士 主任)

考え方としては、身体のリハビリと同じように、心のリハビリをしましょう、お手伝いしますから、というのが私たちの仕事です。患者様と話しながら、心のリハビリのためにはどういう活動がいいかを決めていくので、同じ部屋で一緒にやっているようでも、一人一人に合わせた活動になっています。
カルチャーセンターではないので、上手にできる必要もないし、私たちが患者様に教えてもらうこともあります。ふだんの治療の場ではそういうことはあまりないので、患者様もいきいきとして笑顔になる、そういう時は嬉しいですね。「私はこの仕事を始めて20年近く。理想を描いて選んだ仕事ですが、壁にぶつかることってありますよね。そんな時は、いつも励ましてくれるのは患者様。とても敏感でやさしい人たちが多いんですよ。人を癒したいと思って就いた仕事だけれど、自分が癒されていたんだなあって、最近気づきました。これからもっともっと自分を高めて、なるたけ笑顔になっていただけるような機会を増やしていきたいと思っています。

 

 

 

南館 2F

2病棟(合併症病棟)

    ぬくもりを感じられるケア

身体的疾患を合併する方を対象とする病棟です。

身体的な合併症に対して、内科的な治療を行える医療体制を整備しています。

高齢化を予防しADLを維持するため、理学療法士や作業療法士と連携しながらリハビリテーションを提供します。

四季を感じられるさまざまなレクリエーションを取り入れ、癒しとうるおいを提供します。

明るい笑顔を心がけあたたかいケアを提供します。

 

 


 

 

 

  

 

 5病棟(精神一般・慢性期病棟)

    人としての尊厳を何より大切に

長期の療養を必要とされる方やサポートの必要な方を対象とする病棟です。

心理教育、家族教室、退院教室など、病気への理解、社会復帰への自信、またご家族に対する支援を行います。

専門職スタッフチームによる健康教室や栄養指導を行い、生活習慣病予防を支援します。

開放的で癒される療養環境を整え、季節感をとりいれたレクリエーションを提供します。

 ADLの維持・向上に努め、その人らしさを大切にします。

 

 

 5病棟(精神一般・慢性期病棟)

 

 

 

南館 3F

3病棟(アルコール治療専門病棟)「おたぎ」

    孤独からの開放が回復への力

京都で唯一の「アルコール依存症リハビリテーションプログラム(ARP)」を持つアルコール治療専門病棟「おたぎ」です。

入院期間は約3ヵ月が基本となります。

治療の目的は
①安全に体内からアルコールを抜くこと
②アルコールによる身体的・精神的ダメージからの回復
③アルコール依存症への正しい理解を深めること の三点です。

様々な治療プログラムにより、ご自身の酒害体験を振り返っていきます。

さらに、入院中から地域の自助グループに参加していただき、退院後も継続して参加できるようサポートします。

家族教室や家族会などにより、ご家族のサポートも行っています。

さらに詳しいご案内は下のボタンをクリックして下さい。
 

3病棟(アルコール治療専門病棟)「おたぎ」

アルコール治療専門病棟についてもっと詳しく見る

 

 

 

 6病棟(精神一般・準急性期病棟)

    退院後の生活を視野に入れた関わりを

急性期を過ぎ、社会復帰に向けて自立を支援する病棟です。

心理教育、家族教室、退院教室などの働きかけで病気の理解と、社会復帰への自信、また、家族への支援を行います。

生活習慣病予防のため、健康教室や栄養指導を専門職スタッフチームで支援します。

開放的で癒される療養環境を整え、季節感をとりいれたレクリエーションを提供します。

 

 

 

6病棟(精神一般・準急性期病棟)

 

  


南館案内

  

外来(予約外来)
【受付時間】 9:00~11:30  (
休診)日曜日・祝日
【相談窓口】 075-711-2171 
精神科救急
【受付時間】 24時間相談可能
【相談窓口】 075-711-2171


医療法人 稲門会 いわくら病院

〒606-0017
京都市左京区岩倉上蔵町101
 求人・採用関係 TEL/ 075-711-2445
 機器・設備関係 TEL/ 075-711-2219
FAX / 075-722-7898
Mail/ iwakura-hp@toumonkai.net

 

施設案内