ページトップへ

岩倉 くわんのん道 みちしるべ | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

京都観光ガイド

京都観光ガイド

岩倉 くわんのん道 みちしるべ

 岩倉大雲寺の十二面観音は、平安時代に冷泉天皇が患った心の病が平癒したことから、その奥さんである昌子内親王が観音様に帰依されて依頼、精神の病にご利益があると信仰を集めました。


くわんのん道 みちしるべ

 戦国時代に大雲寺が全焼した時にも観音さまは頭が焦げただけで助かったことから、さらに精神病によく効くとの評判が広がり、江戸時代には全国から観音さまを参りに人々が集まったということです。

 岩倉に通じる道には今でもところどころに「くわんのんみち(観音道)」と書かれた道しるべが残っています。当時それくらい観音さまを参拝する人で賑わっていたということでしょう。ぜひみなさんも岩倉に今も残る「くわんのんみち」の道しるべを見つけてみてください。

京都観光ガイド