ページトップへ

あたたかい精神医療を | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

私たちのめざすもの

  • あたたかい精神医療を

Treatment.

開放医療を進めていく中で気づいた、入院されている方々のやさしさと悲しみ。現場でたびたび聞かれる「彼らから逆に助けられている」というスタッフの声に、嘘やいつわりはありません。
私たちは、彼らが地域で幸せに生きていけることをめざして、あたたかい心と明るい笑顔で、お手伝いさせていただきます。

 

私たちのめざす精神医療には、
大切な要素が5つあります。

 生活の歴史を大切にします

いわくら病院では、病気を単に治療の対象として見るのではなく、一人の生活者としての視点を大切にしています。ご本人の生活史や、ご家族のこと、とりまく環境などについても知らなければ、本当の意味で適切な医療を提供できないと考えるからです。
ご本人の痛みを他人事としてとらえず、同じ生活者として感じ取る姿勢を、私たちは大切にしています。

 

主体は常にご本人にあります

治療する側が、ついつい上から物を言ってしまいがちな医療現場ですが、私たちは、そうならないよう気をつけています。治療の主体はあくまでもご本人です。自己決定・セルフケアを尊重しつつ、適切にアドバイスができるよう心がけています。

 

地域社会との関わりを深めていきます

地域との関わりなしに、私たちは生きていくことはできません。いわくら病院を取り巻く地域のみなさんは、長い歴史の中で、心の病についての理解を深めてくださいました。これからもお互いに安心して暮らせる地域づくりを目指して、連絡を密に、ネットワークづくりを続けていきます。

 

スタッフもともに成長します

いわくら病院では「治療を受ける側」「治療をする側」という線引きを、あまりしていません。仕事である以上、専門性は要求されますが、スタッフが人間としてすぐれているわけではないのです。
ともに生きることによって、人間理解を深め、たくさんの事を学ばせていただき、自分を知り、互いに成長していける、私たちはこの仕事に携われることを誇りに思います。

 

専門性を高める努力を怠りません

入院中の方と仲良く関わりたいと思うのは人情ですが、それは単に入院中の方と友達になるということではありません。私たちのめざす「あたたかく人間的なかかわり」とは、治療的立場に立った専門職としてのかかわりなのです。私たちを信じて身を委ねてくださる方に、安心と安全な医療をご提供できるよう、決して甘えを持ち込まず、専門性を高める努力を続けていきます。

  私たちのめざす精神医療には、 大切な要素が5つあります

 

History.

京都・岩倉の地で半世紀

全国に先駆けて、開放医療に取り組んだいわくら病院の歴史をご紹介します。

詳しくはこちら

 

京都・岩倉の地で半世紀

 

医療法人 稲門会 いわくら病院

【受付時間】 9:00~11:30 
【休診】日曜日・祝日
医療入院相談 
TEL/ 075-711-2171


〒606-0017

京都市左京区岩倉上蔵町101

求人・採用関係 TEL/ 075-711-2445
機器・設備関係 TEL/ 075-711-2219
FAX / 075-722-7898   
E-mail/ iwakura-hp@toumonkai.net

私たちのめざすもの