ページトップへ

女性のアルコール依存症の特徴 | 採用情報 | 京都 いわくら病院 医療法人稲門会 精神科 老人介護保健施設(老健)訪問看護

採用情報

夢をめざす人を応援します! 女性のアルコール依存症の特徴

 


1.男性は、20年前後の年月を経て依存症に陥る場合が多いのですが、女性の場合は、5~6年、早い人では1年程度でアルコール依存症になってしまうこともあります。

2.家庭内のストレスや、目標の喪失、抑うつや感情の混乱などが引き金となって飲酒行動が問題化しやすいようです。

3.暴力や反社会的な行動があまり見られず、かえって自分自身に攻撃を向ける傾向があります。(自殺企図、自傷行為、摂食障害、多量服薬など)

4.女性のほうが男性より短期間で、かつ少量の飲酒でも肝硬変などの重篤な状態に陥りやすいといわれています。